スポンサーリンク

法人を作ったら出す書類4つ!

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

今回は、法人を作ったら、のお話です。

まず、理解しておかないといけないことは、

「法人と個人は、法律上は別々の存在である」ということ。

事業者からすると同じように感じますが、法律上、法人と個人は別人格です。

そこをおさえておくことが考え方として非常に重要です。

では、それを踏まえて、提出する書類を見ていきます。

法人設立届出書

1つ目は、法人設立届出書です。

https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hojin/010705/pdf/001-1.pdf

文字通り、法人を設立したことを届け出るものです。

青色申告の承認申請書

2つ目は、青色申告の承認申請書です。

https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hojin/010705/pdf/056-1.pdf

個人でもあった、白色か青色かというやつです。

個人の場合は白色申告が多いんですが、法人の場合はほぼほぼ青色申告です。

法人の場合、複式簿記による会計処理は当たり前です。

売上と経費だけを集計して申告、ということはまずありえません。

きちんとした帳簿は大前提になってきます。

したがって、申告も青色が常識です。

それと、冒頭にも書いた通り、

法人と個人は別人格であることも大いに関係があります。

個人の帳簿の場合、個人的支出があっても「事業主」勘定で大雑把にまとめますが、

法人ではそうはいきません。

個人的支出は、個人への給料なのか?立替なのか?貸付なのか?

きっちり経理する必要があります。

とにかく、きちんとした帳簿が必要なのです。

なので、青色申告が当たり前なんです。

給与支払事務所等の開設届出書

3つ目が、給与支払事務所等の開設届出書です。

https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hojin/010705/pdf/008-1.pdf

これは、

給与を支払いますよ、

その給与から所得税を天引きして従業員に代わって国に納付しますよ、

ということを届け出る書類です。

法人の場合は、人を雇っていなくても、設立したらすぐ提出しないといけません。

なぜか?

そう、法人と個人は別人格なので、会社を設立すると個人は役員となり、

役員は法人から給料(役員報酬)をもらうことになるからです。

ちょっと言い換えてみますね。

法人から生活費をまかなうためには、

法人から個人へ役員報酬という形でお金を移さないといけません。

つまり、役員が自分一人しかいなくても、法人はあなたに給料を払っていることになります。

法人は設立したらすぐに、給料を払う存在になるのです。

お分かりいただけましたでしょうか?

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

4つ目は、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書です。

https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hojin/010705/pdf/201601h268.pdf

給料から天引きした所得税は、

天引きした月の翌月10日までに、

国に納付をしなければなりません。

ちなみに納付書は、この書類を提出した後に、国から郵送で送られてきます。

まっさらな納付書に自分で金額を書き込む必要があります。

でも毎月は面倒なので、こんな手続きがあります。

従業員が10名未満なら、半年に1回でOKにできる手続きです。

それが「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」です。

これを提出すれば、

1~6月は7月10日まで、7~12月は翌年1月20日まででOKになります。

ちなみに、私の事務所では10名未満のお客様はほぼこれを提出しています。

追加で提出書類が必要な場合もあります。

基本的には上記の4つですが、当然、例外もあります。

法人設立後すぐに大きな投資があって、消費税の還付を受けたいとか、

減価償却の方法を法律で決まった方法以外にしたいとか、

そんなときには、例外的に追加書類が必要です。

それをここで書くとキリがないので割愛します。

法律は数え切れないぐらいあります。

本屋に行ったら分厚い本が並んでいますよね。

それをこのブログで網羅するのは初めから無理な話です。

それを期待するのであれば税理士を雇うしかないと思います。

ご了承ください。

補足です。

私の事務所で設立後に税務署に出しているのは上記の4つと、

あと2つあります。

それは、県と市への法人設立届出書です。

これも忘れちゃいけない提出資料ですね。

石川県

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/zei/tetsuzuki/houjin/seturituhaishi.html

野々市市

https://www.city.nonoichi.lg.jp/soshiki/5/2483.html

金沢市

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/soshikikarasagasu/shiminzeika/shinseishodownload/8717.html

白山市

https://www.city.hakusan.lg.jp/kurashi/zei/1004647/1001567.html

それから、手続きも2つしています。

税理士事務所ではほぼ電子申告といって、e-taxを利用した手続きをしています。

そのための開始手続きも同時にしています。

どうぞご参考にしてください。