スポンサーリンク

経費になるのか、プライベートなのか、の見分け方。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

経費になるのか、プライベートなのか、の見分け方ですが、

主にその判断が問われるタイミングは2つあります。

1つは税務署との交渉のタイミングです。

税務署職員が「これはプライベートで経費ではないのでは?」と聞かれるとき。

もう1つは裁判の場です。

裁判所が原告と被告の主張を聞いたうえで判断します。

裁判になるケースはまれなので、税務署との交渉で考えます。

税務署との交渉で判断材料になると思われるのが、

「税務職員の常識」です。

例えば、同じ税務署に夫婦がたまたま勤めていたとします。

その夫婦が「打合せにレストランで食事をしたから、これは経費だ。」と、

経理課にその領収書を持って行ったとします。

経理課の職員はその領収書を経費として落としてくれるかどうか?

落とさないですよね。

そんな「常識」を持った税務職員が、税務調査に行って、

「社長の私と副社長の妻がフレンチレストランで打合せをした。」

「だからこの食事代は経費だ。」

と言われたら、どう思うでしょうか?

「それは違うんじゃないですか?」となりますよね。

さらに、そのレシートには「大人2名・小人2名」となっていたら?

「家族で食べに行っただけですよね?」となりますよね。

世の中の多くの人はサラリーマンです。

おそらく税務署職員の意見に賛同する人のほうが多いでしょう。

「中小経営者の経費の概念」と「サラリーマンの経費の概念」は、ずれています。

中小経営者の経費の概念のほうが広いのです。

経費になるかどうかは、

「自分が税務署の経理課だったら経費で落とすか?」

という視点で自問自答する必要があるでしょう。

厳しめになりそうだと思いましたか?

そう、厳しいんです。

税務調査になるとそんな細かいところも指摘されるのです。