スポンサーリンク

小山昇氏の著書は面白く読めます。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

小山昇氏。

必ず飲み会(本人は「コンパ」と名付けています。)するよう義務付けたり、

お酒を飲めない人は採用しないと公言したり、昭和チックな経営者です。

私も人のことは言えませんが。(^-^;

しかし、経営コンサルティングには定評があり、自らダスキンの会社経営もしています。

何より、著書を読むと単純に面白い。(^-^)

当然、経営者として役立つことも書いてあります。

この写真は「絶対に会社を潰さない 社長の営業 小山昇の経営学」という本です。

本屋に行けば分かりますが、小山昇氏の著書は山ほどあります。

私も何冊か持っています。

「数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」

「99%の社長が知らない銀行とお金の話」

など何冊か持っています。

その著書なの中で印象的なものをあげると、

「会社が潰れるときは赤字のときではない、お金がなくなったときだ」

というもの。

税理士である私にとっては当然のことですが、

これは経営者にとってはちょっと盲点な話です。

経営を続けるには何が必要かという、原点に帰るような問題です。

いくら黒字が続いても、倒産したら意味がないんです。

一時的に赤字であっても、会社が継続的に存続すれば、

雇用は守られ、経済は動き続け、社会にとってプラスになります。

そのために必要なのは、まずはお金が続くこと。

そんな大事なことがいろいろと触れられています。

何より、読み物として、普通に面白く読めます。(^-^)

試しに読んでみてはいかがでしょうか。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。

https://kawashita-tax.com

絶対に会社を潰さない 社長の営業 小山昇の経営学

新品価格
¥550から
(2020/8/16 11:23時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする