スポンサーリンク

「苛酷な環境」での戦略。「戦略にこそ『戦略』が必要だ」マーティン・リーブス他

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

100年に1度の災難ですね。

なんで100年に1回がこのタイミングで来てしまったのか。

「もう、やんなっちゃう!」という感じです。

この本は、発行されたのが2016年2月です。

しかし、この新型コロナによる経営危機に瀕した経営者が、今とるべき戦略はこれだ、

という内容がこの本には書いてあると感じました。

書いたのはBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)の

マーティン・リーブス氏他2名です。

この本は、自社の環境を適切にとらえて戦略を選択する、というものですが、

その環境の1つが「苛酷な環境」です。

ちなみに、この本の例にあがっているのは、金融危機のときのアメリカンエキスプレスです。

しかし、その「苛酷な環境」の内容は、まさにこの新型コロナの時代にピッタリです。

2016年の発行ですが、2020年のまさに今、読む価値がある1冊です。

内容ですが、その「苛酷な環境」でとるべき戦略は、

まず「自分を守ること」、「資産を保全すること」、

そして次が大事で、「次への投資をすること」です。

今の状況下、苦しい時期が続いていますが、

コストカットで事業を守ったり、

給付金やコロナ融資で資産の保全をしたり、

皆さんすでに実践されていることかと思います。

それでは「次への投資」はどうでしょう?

ここで「投資」はお金をつぎ込むことだけではありません。

アイデアをひねり出すこと、新しいルートを開拓すること、

新たな協力関係を作り出すこと、

お金を使わなくてもできることはたくさんあります。

苦しい状況ではありますが、

「次への投資」はしておかなければなりません。

収束はいつになるか分かりません。

でもいつか収束はやってくるはずです。

さあ次の「戦略」を考えましょう。(^-^)/

詳しくはこの本を読んでみてください。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。

https://kawashita-tax.com

戦略にこそ「戦略」が必要だ ?正しいアプローチを選び、実行する

新品価格
¥2,345から
(2020/10/2 08:22時点)


ちなみに、この本には全部で5つの環境に合わせた戦略が書いてあります。

その他の戦略についての私の考えはオンラインサロンメンバー限定記事で公開予定です。

ご容赦ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする