スポンサーリンク

インボイス制度シリーズ(5)そのとき、どうなる?

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

さて、前回の続きです。

消費税を原則課税で計算しているAさん、

Bさんが「インボイス登録事業者」にならないことを知りました。

このことを持ち帰り、顧問税理士などに相談。

その結果、出した結論とは?

Aさん、Bさん、それぞれどんな影響が出てくるのでしょうか?

4つのパターンが想定されます。

1つ1つ見ていきましょう。

登録事業者になりさない。

A「Bさん、うちとしての方針が出ました。」

B「はい。」

A「Bさん、インボイス登録事業者になってください。」

B「え?そんなことしたら、私は消費税を納めないといけなんですが?」

A「Bさんが登録しなければ、うちがその分をBさんにも国にも払うことになります。」

B「え?そうなんですか?」

A「うちは、消費税の二重払いはするつもりはありません。」

B「はあ・・・」

A「Bさんとの取引は継続したいと考えています。ご検討お願いします。」

B「は・・・」

BさんはAさんに「インボイス登録事業者」になるよう圧力をかけられました。

消費税分値引きしてください。

A「Bさん、うちとしての方針が出ました。」

B「はい。」

A「Bさん、44万円を40万円にしてください。」

B「ええ!?消費税分の値引きは法律違反では?」

A「法律うんぬんではなく、うちとしては安いところから仕入れるだけです。」

B「ええ?そんな・・・。」

A「そうしないと、うちが消費税の二重払いになるんですよ。わかってください。」

B「ええ?でもうちが消費税を・・・」

BさんはAさんに消費税分を値引きをするよう圧力をかけられました。

自然消滅・・・

A「Bさん、うちとしての方針が出ました。」

B「はい。」

A「最後の確認です。『インボイス登録事業者』にはならないんですね。」

B「はい。そのつもりです。」

A「そうですか。承知いたしました。長い間、お世話になりました。」

B「・・・?どういう意味ですか・・・?」

A「いえ、お気になさらないでください。」

Bさんは二度とAさんから受注することはなくなりました。

一番可能性が少ないパターン

A「税理士先生、どう思いますか?」

税理士「このままでは、Aさんは消費税の二重払いになります。」

A「でも、Bさんはいい業者さんなんですよ。」

税理士「Bさんの分もかぶるとおっしゃるなら、私もそこまで言いません。」

A「分かりました。Bさんにも消費税分払うし、国にも消費税を納めます。」

税理士「分かりました。Aさんがそこまでおっしゃるならしょうがないですね。」

Aさんが負担が増えることを受け入れ、Bさんとの取引はそのままとなりました。

どのパターンになるかはケースバイケース

どのパターンになるかはそれぞれではないでしょうか。

今までのお付き合いの深さにもよるでしょう。

一概には「これ」というものはないと思います。

でも、一番多いケースは、1番最初のケース、

「インボイス登録事業者」になるよう圧力をかけられるケースではないでしょうか。

すでに話し合いが終わったところ、

これから話し合いがあるところ、

話し合う余地もなく自然消滅になるところ、

それぞれだと思います。

十分、検討いただいた上で、

これからの対応を検討していただきたいと思います。

ちなみに、これらは典型的なパターンです。

例外のケース・方法はこれからまた書いていこうと思います。