スポンサーリンク

インボイス制度シリーズ(1)「インボイス制度の影響を100文字で説明せよ。」

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

「インボイス制度の影響を100文字で説明せよ。」

こんな質問があったら、こう答えます。

「絶対、無理。」

昨今、話題になっている「インボイス制度」は、

簡単に解説できる話ではないんですね。

「インボイス制度」を理解するには、

簡単に解説できる話ではないという前提で、

取り組まないといけないんです。

まず、消費税の仕組みを知ること

インボイス制度の影響を知るためには、

インボイス制度を知らないといけないし、

インボイス制度を知るためには、

そもそもの消費税の仕組みを知らないといけません。

そう、まずは消費税の仕組みを知ることから始めないと、

インボイス制度の影響は理解できないのです。

「回りくどい」と思われるかもしれませんが、

インボイス制度に関しては、実はこれが一番の近道なんです。

YouTuberのインボイス制度解説を見ても、

消費税の仕組みから、話が始まっているはずです。

税務のプロならみんなそう考えるようなお話です。

では、消費税の仕組みについて

まず、消費税の基本的な仕組みを、例を挙げて説明します。

事業者Aさんがいます。

44万円で仕入れたものを、110万円で売ったとします。

このときの消費税の関係を整理していきましょう。

44万円で仕入れたとき、そのうち4万円は消費税ですね。

110万円で売ったとき、そのうち10万円は消費税ですね。

つまり、支払った消費税4万円、預かった消費税10万円。

手元に残った預り消費税はいくらでしょう?

そう6万円。

(10万円ー4万円=6万円)

この6万円は、Aさんが消費者から預かったものであって、

Aさんのものではありませんよね?

Aさんは消費者から預かった6万円を、消費者に代わって国に納めます。

これが消費税の仕組みです。

よろしいでしょうか?

ここが基本なので、忘れないようにしてください。

消費税を納めてない人がいる?

しかし、この消費者から預かった消費税、

国に納めていない人がいるんですね。

前の説明でいくと、手元に残った6万円、

これを国に納めず、自分(Aさん)のものにしてしまっている人がいるんです。

「預かったものだから、納めないとダメだろう!」

と考えるのが普通ですよね。

でも、納めていない人がいるんです。

納めていないAさんがいるんです。

それも大量に。

どんな人かというと、

「2年前の売上高が1000万円以下の事業者」です。

この条件にあてはまると、消費税を納めなくてもいい、と法律で決まっています。

こんな法律があるんです、実は。

売上高にも消費税がかかるものと、かからないものがあるので、

厳密に言うと、消費税がかかる売上高が1000万円以下、ですね。

それはさておき、

「2年前の売上高が1000万円以下の事業者」なんて、

この世の中に山ほどいますよね。

そう、私たちの払った消費税は、

実は国に届いていないかもしれないのです。

Aさんの懐(ふところ)に入ってしまってるんです。

でも、これはちゃんと法律で決まっていることです。

消費税を納めていない事業者は何も悪くないんです。

Aさんに罪は全くありません。

問題は「人」ではなく「制度」なんです。

売上高1000万円以下の事業者に影響があるインボイス制度

そして、今回のインボイス制度の導入で問題が出てくるだろう、

と言われているのが、この「2年前の売上高が1000万円以下の事業者」です。

このインボイス制度、令和5年10月1日から始まります。

どんどん近づいてきました。

続きの解説は明日以降にいたします。

お楽しみに。