スポンサーリンク

「前にも聞いた話だな」と部下の話を聞いていませんか?必要なのはマインドフルネスです。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

出典元:DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2020年11月号
「優れたリーダーになる秘訣は『いま、ここにいる』ことである」
ラスムス・フーガード ポテンシャル・プロジェクト創設者兼マネージングディレクター
ジャクリーン・カーター ポテンシャル・プロジェクト パートナー兼北米ディレクター

リーダーシップと部下の関わりについて

「一人ひとりとこんなに長い時間過ごしているんですよ!」

と感じているにも関わらず、部下との関係でうまくいっていないことはありませんか?

もしそうだとしたら、こんなことはなかったでしょうか?

部下が話をしているときに他のことを考えていた。

例えば、

「いい加減、話すのをやめてほしい」

「次に何を言うか、わかっているぞ」

「前にも聞いた話だな」

結局、同じ場所にいても、考えていることは自分のことなんですね。

で、相手のことに集中できていない。

私も胸にグサリと来るものがありました。

難しい計算とか、難しい税法の解釈とか、

税理士業務にはいろいろ考えないといけないことがあるんですが、

途中で話しかけられると、やっぱり上記のように考えてしまうことがあります。(^-^;

よくないですよね。

部下はわかっていますよね。

実は話をよく聞いてくれていないことを。

同じ部屋にいても、自分のことばかり考えているとよくない、というお話です。(^-^)

この記事では、評価の低かったリーダーが、

ちゃんとトレーニングをすることで、評価が上がったとしています。

それが、毎日10分間マインドフルネスのトレーニングだったとのこと。

「マインドフルネス」

目の前の人に集中することです。

つまり、心ここにあらず、ではなく、

体も心も「いま、ここにいる」ことが重要、

それが「マインドフルネス」です。

朝から晩まで人と会って話するのが仕事の人には、

一人ひとり全員とその集中力を保つことは大変なことです。

しかし、相手にはそんなことは関係ないですからね。

一人ひとりに集中することが必要ですよね。

私自身、反省して意識していきたいと思います。(^-^;

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク