スポンサーリンク

建物の相続税評価額、空き室が多いと高くなる!

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

GOTOが始まってから、観光客が行くお店は人が増えましたね。(^-^)

いいことです。片町を応援する私としては嬉しいです。

でも、私は密を避けてて、そうじゃないお店に行ってます。

まだまだソーシャルディスタンスです。オススメです。(^-^)

建物の相続税評価額は「固定資産税評価額×1.0」と書いたのは前回のとおりです。

では、貸していたら評価額がその権利分だけ下がる、と土地のときに書きました。

さて、アパートなどの貸している建物はどうなるでしょう?

建物も貸していたら「借家権」という権利が発生します。

なのでその分、評価額は安くなります。

土地と同じです。

ちなみに、借家権の割合は0.3、つまり30%評価減になります。

では、10部屋あるアパートで1部屋空き室だったら?

その場合は、0.3×90%=27%評価減になります。

空き室があると、評価額が高くなるんですね。

・・・なんか、変ですよね。

部屋が埋まっていたら安くて、空き室があったら高くなるんです。

逆ですよね。

普通、埋まっていたら人気のアパートという意味なので価値は高いですよね。

空き室が多いアパートは問題がありそうで安くなりますよね。

相続税の場合、実務とは逆転現象が起こっています。

変だね、ということは、昔から言われています。

でも、これも法律です。

今の状況ではそれに従うしかありません。

でも、やっぱり変ですよね。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク