スポンサーリンク

BRUTUSおいしいコーヒーの教科書を読んでみた

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

ちょっと前にこんな本を買ってました。

確定申告の超繁忙期ですが、アタマ休めのためにちょっとだけ読みました。

コーヒー豆にはいろんな産地があって、ブレンドで飲まれることが多いんですが、

中には産地にこだわって1ヶ所で作られた豆だけで淹れられるコーヒーもあるんですね。

「シングルオリジン」というそうです。

私はウイスキーが好きなので、「シングルモルト」を思い出しました。(^-^)

どちらも香りを楽しむ飲み物なので、共通点は多いようですね。

ウイスキーのブレンドは限られたブレンダーだけの仕事ですが、

コーヒーは普通の人でも豆さえ入手できれば、ブレンドしてみることができるんですね。

面白そうです。

いろんなこだわりを持ったコーヒーは「スペシャルティ・コーヒー」というそうです。

BRUTUS特別編集 合本 もっとおいしいコーヒーの教科書 完全版

新品価格
¥711から
(2021/3/4 07:35時点)

それと、読んでて思ったのが、初めて聞く単語が多いこと。(^-^;

あるコーヒーショップの紹介で、

「信楽焼のタイル、〇〇のタペストリー、△△のファブリックアート、

クラフツマンシップを感じられる・・・」

「ペストリーは・・・」

タペストリー?ファブリックアート?クラフツマンシップ?

ペストリーとタペストリーは違うの?

てな感じです。(^-^;

ちなみに、タペストリーは織物の飾り、ペストリーは食べ物です。

全然違うものですね。(^-^;

1つ1つ単語を調べてみると、「なるほど」と感じられて楽しいものです。(^-^)

いろんな単語を調べながらなので、アタマ休めにはなりませんでしたが、

ストレス解消にはなったのかな、と思う今日この頃です。

BRUTUS特別編集 合本 もっとおいしいコーヒーの教科書 完全版

新品価格
¥711から
(2021/3/4 07:35時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク