スポンサーリンク

残念な営業

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

今日のお話です。

「ある冊子に広告枠を作るので載せませんか?」

というような内容で、ある営業さんとお話しました。

実はその方が事務所に来るのは3回目です。

1回目は私が不在。

2回目は、私はいたんですがお客様訪問にでかける直前で、

「時間がないので聞いているヒマがない。」と伝えんたんですが、

「じゃあ簡単に説明すると・・・」と無理やり説明を始めたんですね。

時間がないのに。

簡単な説明でも本当に聞いてる時間がなかったんで、

日を改めてもらって、今日がその3回目でした。

思い返せば、2回目のとき、もうすでに残念な営業さんでしたね。

で、あらためてちゃんとお話を聞かせてもらいました。

聞いて分かったことは

1、そこに広告を載せても、そこからのお客様獲得は見込めないこと。

過去も高い授業料を払って、広告宣伝して失敗した典型的な広告の仕方と同じでした。

2、そこに広告を出すメリットがあるとすれば「お付き合い」しかないということ。

3、広告料が過去の経験に照らし合わせても高いこと。

「お付き合い」で出すには、高すぎる掲載料でした。

そこで、私は考えました。

今後のことも考えて、高すぎる掲載料をあえて受け入れるべきか?

2回も空振りして、3回も出直してきた営業さんの顔を立てるべきか?

と、一所懸命に考えていると、

その営業さん、私の沈黙にたたみかけるように話しかけてくるんですね。

「掲載したら、こんな展開で顧客獲得できるかもしれませんよ。」

「掲載したら、こんな効果があっていいイメージがつくかもしれませんよ。」

うん、全部私が過去お金をかけて実現できなかった失敗例です。

そして、私が考えていることとはまるっきり関係のないことです。

私が何を悩んでいるのか、そんなことを考えず、関係なく話してかけてきます。

つまり、営業さんがやりがち典型的な失敗行動の2つをこの営業さんはやっていました。

1.相手に考える時間を与えない。

2.相手の気持ちを察しようとしていない。

相手が一所懸命に考えているときに話しかけ続けると、

相手は考えをまとめることができません。

相手が判断しようとしていることの邪魔をするだけです。

せめて、悩んでいるポイントを押さえて話しかけてくるのならまだしも、

全く関係なく、それも失敗することが目に見えている話ばかりだったんですね。(^-^;

結局、お断りせざるをえませんでした。

個人事業主の場合、

「経費を使う」イコール「生活費や子どもの教育費が減る」

ということなんです。

事業の将来に活きてこないお金を使うということは、自分を苦しめることです。

1円も使ってはいけません。

断られた営業さんはさぞかし残念だったでしょう。

私も残念です。

あの冊子での広告募集はかなり無理があるように感じます。

募集する方も、募集される方も、残念な冊子じゃないかと思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク