スポンサーリンク

家族へ送る気持ちをこめたお手紙。それが「付言事項」です。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

遺言にはどんな役割があるか?

誰に何を相続させたいのか、を書く。

大事なことです。

でも、もう1つ大事な役割があります。

それは「思いを伝えること」です。

遺言には「付言事項」という項目があります。

そこには「思い」を書くのです。

法律的な効力はありません。

でも、法律と同じくらい大切な、

ひょっとしたら法律よりももっと大切なことを、

「付言事項」で残すことができます。

生前に思っていた家族への感謝の気持ち、

自分が死んだ後に家族にどうしてほしいかの思い、

なぜ財産をそう分けたのかの理由・思い、

法律では伝えきれない思いを書くことができます。

特に「感謝の気持ち」、大事です。

本当に最後に伝える気持ちです。

家族がどれだけその気持ちを聞いて喜ぶか、

何度か私も目にしてきました。

もう二度と会って話すことのできない人、それも最愛の人。

その人から死後に届くお手紙です。

本人はもうすでにそこにはいないにも関わらず、

まるでそこにいるかのような気持ちになります。

そんな気持ちのこもったお手紙を家族に送るのです。

それが「付言事項」です。

相続に限らず、「思い」や「気持ち」はとても大切なことです。

相続で「思い」や「気持ち」を伝えることができるのが「付言事項」です。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。

https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする