スポンサーリンク

「リーン・スタートアップ」

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

「これならお客様に喜んでいただける!」という想定を固めるのに3ヶ月。

実際の製品の作り込みに6ヶ月。欠陥がないかの試験に3ヶ月。そしてようやく発売開始。

さて、何が問題でしょうか?

もし、「これならお客様に喜んでいただける!」という前提がそもそも間違っていたら?

考えたくもない事態ですが、実際には十分ありうることですよね。

もしも大前提が間違えていたら、

作り込み・試験にかけた9ヶ月はすべてムダだった、

ということになるわけです。

それまで費やしてきた時間・労力・お金が全てムダだったことに気が付くのです。

やるせないですよね。

そこで、この本のご紹介。

「リーン・スタートアップ」

「構築─計測─学習」のサイクルを素早く回すことでムダをなくし、

効率的に成功へ導く方法が書いてあります。

必要最低限の商品を用意して、実際にユーザーに使ってもらう。

その結果を素早く計測し、そこからの学習で得たものを、

これまた素早く商品に反映して構築し直す。

そして、その再構築したものから、また計測・学習をするのです。

ミソは「必要最低限」しか用意しないこと。

あれを付けたらいいんじゃないか?これを付けたらどうだろう?

ここを省略することで、早いサイクルを実現するのです。

「こうしたらお客様は喜ぶ『だろう』」ではなく、

「こうしたらかお客様は『喜んだ』」を学ぶ。

想像ではなく、実際の声から学ぶのです。

それが、大きな「ムダ」を避けることができて、

早期にかつ効率的に成功する方法である、というお話です。

ここまでの話だけだと、異論がいろいろ出そうですが、

続きは実際にこの本を読んでみることをオススメします。

そうすれば分かることが多くありますよ。(^-^)

面白い発見があります。(^-^)

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。

https://kawashita-tax.com

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

新品価格
¥1,881から
(2020/8/28 08:15時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする