スポンサーリンク

ボロボロの看板はネット上にもある。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

街を歩いていると、そこらじゅうに看板がありますよね。

新しい看板や古い看板、電気で光る看板もあります。

でも、中にはサビで茶色くなった看板もあります。

文字が抜けてしまってる看板もあります。

光るはずなのに光っているところを見たことがない看板もあります。

そんな看板を見てると、この店は今も営業してるのかな?と思いますよね。

それと似たようなこと、ネットでもありますよね。

ホームページです。

書いてある内容が古くなってるのに更新されてないとか、

ブログがあるのに3年前から新しい記事が書いてないとか。

そんなホームページを見ると、

このお店、リアルではちゃんと営業してるのかな?って思います。

なぜ、そんなことを言うのか、というと、

私自身がこう言われるからです。

「ホームページのブログがちゃんと更新されているので、

それが税理士を選ぶときの1つの安心材料になりました。」

私はそこまで考えていたわけではないんですが、

見る人から見ると、良い材料となっているようです。

ちゃんと続けてよかったな、と思いました。

ホームページがあるからお客様が来てくれる、

というものでもないことは当然ですが、

やはりホームページはお店の看板として、

ちゃんと役割を果たしてくれています。

なので、その看板はきちんと管理したいですね。

「ちゃんと営業してるのかな?」

なんて思われないようにしたいものです。