スポンサーリンク

いい客であること

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

私が飲みに出るとき心がけていること。

それは「いい客であること」です。

やっぱり、お店の人も人間ですから、

「いい客」のほうが嬉しいですよね。

家でも食べようと思えば食べれるものを

わざわざ外で食べるわけですから、

やっぱりその空間は「いい空間」でしたいわけです。

私もハッピー、お店もハッピー、

相乗効果でみんなもっとハッピーになれたら

こんないいことはないですよね。

「こんばんはー」から始まって、

おしぼりを渡されたら「ありがとう」、

注文は他のお客と注文や料理運びに支障が出ないよう

タイミングを見計らってお願い。

おいしいと思ったら正直に「おいしいですね」と言う。

混んできたなと思ったら、さっと席を立って他のお客に譲る。

お会計もタイミングを見計らう。

全部、ほんのちょっとのことです。

それだけで次に来たときにまた気持ちよく飲めます。

「俺は客だぞ!」なんて振る舞いは、

最終的には楽しく飲める場所を減らすだけです。

自分で自分の首を絞めてるだけですよね。

やっぱり「なぜ飲みに出るのか?」といえば、

そこに「居心地のいい空間があるから」です。

お店の人の努力だけでなく、お客の協力もあると

「居心地のいい空間」は「もっと居心地のいい空間」になると思います。

居酒屋・バーは大人のサードプレイスです。

居心地をよくするために自分も何かしたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク