スポンサーリンク

私はやっぱり「とりあえずビール」派です。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

私はやっぱり「とりあえずビール」派です。

「なんだ、この昭和オヤジは」と思われそうですが、

そうなってしまったのでしょうがありません。(^-^;

私も大学生になってお酒を飲むようになった頃は、

別に「とりあえずビール」ではなかったんですが、

そこはやはり昭和時代のお話です。

まわりの人達はみんな「とりあえずビール」なんですね。

すると自分もどうしても合わせてしまうわけでして、

そのうち自分も「とりあえずビール」派になってしまったのです。

もうこれはどうしようもないですね。(^-^;

まあ、それはそれとして、

一杯目のビールは本当においしいですね。

その日の体調にもよるんですが、

一番「おいしい!」と思えるのは、

「ちょっと喉が渇いてる」くらいのときですね。

あんまり喉が渇き過ぎてると、

ビールより水のほうがおいしいんですね。

水が飲みたくなってきます。

かといって、ビールの前に水を飲んでると、

お腹がタブタブになってビールがあまり進まなくなります。

なので、ほどよく喉が渇いてるくらいがちょうどいい、

と個人的には思っています。

そして、実はコッソリ思っていることがありまして、

一杯目の生ジョッキは一気に空けてしまいたい!ということ。

でも、周りの目があるので3分の1から半分ぐらいでとどめておきます。

それ以上空けると何かと面倒なんですよね。

一気に空けてしまうと、二杯目がすぐほしくなるんですが、

店員さんの準備ができてなくて、なかなか二杯目を注文できない。

食べ物の最初の一品が出てくるくらいに空けるのがちょうどいい。

食べ物を持ってきたついでに注文するというわけです。

そうすると一緒に飲んでる人達も「俺も、俺も」となります。

店員さんからしても、一人ひとり別々におかわりするんじゃなくて、

みんなでまとめておかわりした方がいいでしょうしね。

やっぱりここでも「いい客」でいたいわけです。(^-^)

そうそう。

やっぱり一杯目はみんなビールにしてくれたら、店員さんは楽でしょうね。

みんな違うものを注文したら用意するのが大変です。

一杯目は乾杯するので、全員が飲み物がそろわないと飲み始められません。

バラバラだと一品ずつ作るので時間差が生まれますよね。

やっぱりここでも「いい客」でいることを考えます。(^-^)

とかなんとか言いながら、

話題を一番最初に戻しますが、

「とりあえずビール」はもう体に染みついてしまってます。

いろんな理屈はぜ~んぶ抜きにして、

この習慣はもう変えられないなあと思う昭和オヤジでございます。(^-^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク