スポンサーリンク

株式の相続税評価・相続後に株価が下落したら?

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

今週土曜日はうちのピアノ教室の発表会です。

生徒さんやご家族にとっては一大イベントです。

私も何かで頑張ります。(^-^)

さて、株式の評価(上場株式)について。

これは比較的簡単です。

下記の4つの中で一番低い金額を使えばOKです。

1.亡くなった日の終値

2.亡くなった月の終値の平均

3.前月の終値の平均

4.前々月の終値の平均

証券会社さんに相続があったことを説明すると、

ほとんどの証券会社さんから、参考情報として、

上記の情報を教えていただけます。

とてもありがたいことです。

ここで、一つ大きな疑問です。

株式は常に相場が変わっています。

もし、相続の後に株価が大きく下落したらどうなるか?

例えば、相続のときに100万円だったものが、

8ヶ月後に納付のために売ろうとしたら50万円になっていたら?

評価額を50万円にしてもいいのでしょうか?

答えは、残念ながら、100万円の評価額は変わりません。

100万円の評価額で計算した税額で納税する必要があります。

「株価が下落する前に売る機会があった」

「逆に株価が上昇する場合もある」

というのがその理由のようです。

ちょっと納得いかない気もします。

相続税は「お亡くなりになった日現在の財産・債務」というのが原則です。

その原則を曲げるほどのことではないということですね。

相続財産に株式が多い方は要注意です。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク