スポンサーリンク

「先祖代々の土地を自分の代で手放したくない」という方の節税方法

今日はノーテレビ・ノーゲムデーのため、

子どもと一緒にゲームができなくて寂しい川下です。

「先祖代々の土地を自分の代で手放したくない」

これが地主さんの思いです。

相続税のかかる地主さんですが、

昔々は田んぼや畑ばっかりだったのが、都市開発が行われるのに伴い、

持っていた土地が自分の意図に反して高額になってしまった、

という方が多いです。

いわゆる「土地区画整理事業」という事業に、

持っている土地が組み込まれてしまった方達です。

その方達に多く聞かれるのが、

「先祖代々の土地を自分の代で手放したくない」

という言葉です。

そんな思いがある一方で、現実はかなり厳しいものになります。

固定資産税は宅地なみにかかるので一気に高額になります。

農地として利用していたら、毎年大赤字になってしまうほどです。

土地の維持費(固定資産税)は、土地に稼いでもらわないといけなくなります。

その結果、投資を行うことになります。

貸地、駐車場、アパート投資など投資にもいろんな形態があります。

その中で、相続税対策として一番効果的なのが「アパート投資」です。

アパートが使い始めた瞬間、価値が落ちるのに対して、

アパート建築用の借入金は減少しないことで、

純資産の減少という効果が生まれて節税になるというスキームです。

家が余っているという昨今、

アパート投資はどうなんだ?という意見もあるでしょうが、

やはり根強い人気のある節税方法です。

慎重になる必要はありますが、選択肢の一つとして今も生きている方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク