スポンサーリンク

相続には「節税」では割り切れない道徳的なもの・倫理的なものがあります。

野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!

昨日は午前中、暑い中、ウォーキングをしました。

すっかりバテてしまい、午後からは何もできませんでした。

体によかったのかどうか、疑問が残る日曜日でした。

さて、養子縁組。

ご存知のとおり相続税の節税対策の1つです。

くわしくはコチラの動画をごらんください。

https://youtu.be/dWnfjhZakT0

養子縁組で問題になるのが、

「戸籍を汚す」

という考え方です。

「別に戸籍を汚すなんて考えたことないよ~」という方もいらっしゃれば、

「税金のためにそんな不自然なことをやるべきではない」という方もいらっしゃいます

どちらも否定できません。

税理士として、1つの方法として提案すべきだとは思いますが、

「やった方がいいですよ!」と力説するべきものでもないと思います。

価値観は人それぞれですし、その価値観は尊重すべきものです。

方法として紹介はしますが、

あくまで「紹介」というレベルなのかなと考えています。

相続には「節税」では割り切れない道徳的なもの・倫理的なものがあります。

それは「節税」にこだわらず、大切にしていきたいものです。

バランスが非常に肝心なところかなと思います。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

地方ではまだまだ「長男が家を継ぐ」という考え方があります。

都会で当たり前になってきている「兄弟は平等」という考え方では、

話をしても噛み合わなくなりがちです。

地元に残った長男と、都会に出て行った二男、モメがちです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする