スポンサーリンク

令和4年か?令和5年か?

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

所得税ってややこしいところがあります。

収入を計上する基準が、収入の種類によって違うんですね。

例えば、事業の場合、

仕事を完了した・商品の引き渡しをした時点で、

代金の請求権が発生するという考え方なので、

この時点で収入を計上しなければなりません。

しかし、給与の場合は、給与の支給日が計上する日になります。

令和4年12月分給与を、翌月10日つまり令和5年1月10日に支給する

と会社の規定で定めている場合には、令和5年の収入になるんです。

アパートなど不動産賃貸は、家賃の振込日が決められていたら、

その振込日が計上する日になります。

だいたい家賃は前払いのケースが多く、

令和5年1月分家賃は令和4年の12月28日振込日、

というように決まっていたりします。

この場合、令和5年1月分は令和4年の収入になります。

不動産を売ったときは、

引き渡しの日が原則となっていますが、

例外として契約日でもいいですよ、

となっています。

収入ではありませんが、

医療費控除の医療費は実際に支払った日が基準の日です。

令和4年の入院費用を年明けの令和5年に支払いをしたら、

令和5年の医療費控除の対象になるというわけです。

ややこしいですね。

分からないときは専門家や税務署に相談しましょう。

でも、これぐらいならネットで検索しても調べられますかね。

どんなもんでしょう?

とにかく、基準はそれぞれ違うので、要注意です。