スポンサーリンク

路線価と新型コロナの影響

野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!

「いつもの感じで」と言って、あとは何もしなくても、帰る頃には気分爽快でした。(^-^)

やっぱり対面の経済活動は何物にも替えられませんね。

かわした税理士は、理容・美容・鍼灸整骨・サロンを応援します。(^-^)

さて、7月1日に路線価が発表されましたね。

新型コロナの影響はどう反映された?

と見たいところですが、反映はされておりません。

というのも、路線価は1月1日時点で計算されるためです。

1月1日といえば、武漢では新型コロナは問題になっていましたが、

日本国内では、まだ対岸の火事と考えていた頃です。

なので、日本国内の地価に新型コロナの影響は出ていませんでした。

その1月1日時点なので、当然新型コロナの影響は反映されておりません。

じゃあ、新型コロナの影響が出ている現在、そんな路線価で計算していいの?

という疑問が出てきます。

よくないですよね。

国税庁はどんな対応をこれからするのでしょうか。

懸念されることがあります。

新型コロナの影響で経済活動がストップして、

土地の取引自体がほとんど行われていないので、

地価を決定する材料である「実際の取引価格の実績」もないのです。

価格をつけようにもつけられない、というのが実情です。

さてさて、どうなるのでしょうか。

注目していきたいと思います。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする