スポンサーリンク

自宅の給湯器が壊れた!ウン十万円の出費・・・。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

自宅の給湯器が壊れました!(>_<)

お湯が出ません!(>_<)

始まりは20日(金)の朝でした。

妻からLINEが来ました。

「水が漏れてる」

写真の室外機みたいな機械の下から、ポタポタ水が漏れてました。

何か部品が緩んでるだけなんじゃないか、

とそのときは思っていたのですが。

妻からハウスメーカーさんに電話してもらい、

そして、その日の夜、妻から言われました。

妻「給湯器が壊れたんやって。修理代、ビックリするよ。」

ただの水漏れだ、せいぜいかかって3~4万円だろう、と思っていた私。

しかし、この妻の構え方はいつもと違う・・・。

私「いくらや?」

妻「ビックリするよ。」

私「だからいくらなん?」

妻「天文学的な額やよ。」

私「だからいくらなん?」

妻「言うよ。」

私「だからいくらなん!」

妻「部品交換で〇十万円、新品なら×十万円。」

私「ヒエ~!」

妻「10年に一度交換せんといかんものらしい。」

私「聞いてないよ!」

妻「明日から三連休やから、ゆっくり考えてって言われた。」

私「まじ~?」

妻「いつ、お湯がとまるか分からんって。」

私「今からでもガスに変えた方がいいんかな~?」

そのとき、私は「とはいっても、すぐには止まらないだろう」と思っていました。

それは、22日(日)の夜、

息子「お父さん、画面が変や!」

給湯のリモコン画面に「エラー」の文字が・・・。

でもお湯はまだ出ている、大丈夫。

そして、23日(月)の夕方、

いつものようにお風呂を沸かしていましたが、

なんと浴槽の途中で給湯がストップ、

たまっているお湯を触ってみると・・・ぬるい。

「仕方ない、今日はシャワーか」

気持ちを切り替え、シャワーをし始めたものの・・・、

温かいお湯が出てこない、ぬるいお湯しか出てこない。

今、考えると余熱のおかげでちょっとだけぬるかったようです。

夜、ぬるいお湯で頭だけは洗いましたが、そこで終了、チーン・・・。

もう迷ってはいられない。

ガスに切り替えなんて待っていられない。

一刻も早く修理してもらうしかない。

ハウスメーカーさんにもう連絡はしました。

さて、火曜日からお風呂はどうしよう?

すぐに修理ができるとは思えません。

家族会議です。(>_<)

出てきた案は3つ。

1.妻の実家にお風呂を借りる。

2.極楽湯か満天の湯に行く。

3.事務所のお風呂を使う。

実は、事務所にお風呂があります。(^-^;

うちが出て行っても、住宅に使いまわしできるようにしているのでしょうか。

しかし、現在の利用方法は「物置」です。(>_<)

今、職業訓練の方が来ていることもあり、事務所は定員4人で満杯です。

この荷物を片付けようにも置く場所がない・・・。

そして、仕事とプライベートの公私混同もできるだけしたくない。

どうしよう・・・。

それより、いつ修理ができるのだろう・・・。

もうお金はしょうがない・・・。

大変、困ったことが起きてしまいました。

どうなったかはまたご報告いたします。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク