スポンサーリンク

減価償却費って何よ?

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

減価償却費とは?

ざっくり言いますね。

金額の大きいもの(車とか機械とか)は役に立つ期間が長いから、

いっぺんに経費にするんじゃなくて、

何年かに分けて少しずつ経費にしていきましょう、

という制度です。

で、その何年か?というのは、

財務省が省令というもので決めています。

普通車なら6年、軽自動車なら4年、など細かく決まっています。

これを「耐用年数」といいます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2100.htm

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/pdf/2100_01.pdf

なぜそんな制度があるの?

イギリスの鉄道会社がそのきっかけと言われてます。

減価償却費を導入するまでは、

線路を延長して、路線を拡大した年は大赤字、

それ以外の年は黒字、

といういびつなことになってたんですね。

「それじゃあ長い視点から見たら、

適性な損益を反映してないんじゃない?」

ということで生まれた制度です。

具体的な計算方法は?

会計学上ではいろんな方法がありますが、

税務署に何も届出をしなかった場合、

個人事業者の償却方法は「定額法」と決まっています。

減価償却費=取得価額×償却率

償却率は耐用年数によって決まっています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/pdf/2100_02.pdf

減価償却の方法は、たまに法律が変わるので、

償却率の表を見るといろんな償却率が出ています。

ごちゃごちゃしていて分かりにくいですよね。

でも見るべきところはそんなに多いわけではないので、

必要な部分だけを見れば十分です。

大きい金額はいくらから?

いくらの資産から減価償却が必要か?というと、

10万円以上からです。

10万円以上はどう計算するかについては、

青色申告か白色申告かで変わってきます。

青色申告の場合、

10万円未満:一発で経費OK(消耗品費という勘定を使います。)

10万円以上30万円未満:一発で経費OK
(いったん資産計上した上で、全額を減価償却費に計上します。)
https://www.keisan.nta.go.jp/r3yokuaru/aoiroshinkoku/hitsuyokeihi/genkashokyakuhi/shogakugenkashokyaku.html

30万円以上:通常の減価償却費計算

白色申告の場合:

10万円未満:一発で経費OK(消耗品費という勘定を使います。)

10万円以上20万円未満:3年間で経費OK
(いったん資産計上した上で、3等分3年間で減価償却費に計上。)
https://www.keisan.nta.go.jp/r3yokuaru/aoiroshinkoku/hitsuyokeihi/genkashokyakuhi/ikkatsushokyaku.html

20万円以上:通常の減価償却費計算。

大雑把なくくりでいうとこんな感じでしょうか。

キャッシュフローという観点からは?

減価償却費を語るとき、キャッシュフローという観点を忘れてはいけません。

減価償却費は、損益と現金の流れが一致しない項目になります。

投資した年(1年目)は、お金は出ていったけど経費にならない。

2年目以降は、経費になるけどお金は出ていってない。

となるわけです。

これが、他の経費と違うイレギュラーなところです。

損益=お金の増加

ではないのです。

資金繰りを考える必要があるときは、

損益だけを見て考えると間違いを犯してしまいます。

この点を踏まえて微調整を加える必要があります。

注意が必要なところです。

まとめ

お金の支出=経費

という図式が成り立ちやすい個人事業者の経理ですが、

そうはならない特別な扱いです。

これが減価償却費の大きな特徴です。

さらに、経営管理という面でも

大きなお金が動くことになりますので、事前の検討も必要です。

投資で資金繰りはどうなるのか?

損益の見込みはどう変わってくるのか?

いろんな検討が必要です。

「減価償却費」の理解なくして、経営は成り立ちません。

しっかり覚えましょう。