スポンサーリンク

ディズニーランドでカップルが別れるのはマーケティングのせい

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

私はディズニーランドが好きではありません。(^-^;

大金を払って行列に並んで、大しておいしくもないものを食べるところ。

そんなイメージです。

こんな私は珍しいのかと思っていましたが、

ネットサーフィンをしていたら、こんな記事を見つけました。

ディズニーランドの来客のほとんどが、

「ファミリー」「男女混合グループ」「女性だけのグループ」だそうです。

「男性だけのグループ」は圧倒的少数派ということ。

ということは、ディズニーランドのマーケティング戦略的には、

ターゲットを女性と子どもに絞っている、ということです。

少数派である大人の男性をターゲットにする必要がない状況である、

といえます。

会社経営において大事なことの一つに

「しないことを決めること」があります。

つまり、ディズニーランドは大人の男性をターゲットにしない、

ということを決めているんだと思います。

さすがだな、というのが私の感想。

子どもが「行きたい!」と言えば、男性は行きたくなくても行きます。

彼女が「行きたい!」と言えば、男性は行きたくなくても行きます。

ディズニーランドの作戦通りでしょう。

それが、なぜカップルが別れるか、につながるかというと、

女性は「楽しい!」となります。

男性は「また行列?なんでカレーライスがこんなに高いの?」となります。

女性は「こんなに楽しいのに、なぜつまんなそうにするの?」となります。

男性は一旦は「え?楽しいよ!」とウソをつきます。(^-^;

女性は「夜のパレードも楽しみだね!」と言います。

男性は心の中で「いつまでいるんだよ・・・修行だ・・・。」となります。

女性は心の中で「なぜつまんなそうなの?価値観が合わないかも。」

これが長時間続くのです。

そりゃ別れますよね。

男性も人それぞれなので、ディズニーランドが好きな人もいるでしょう。

ただそれはマーケティング的にはあくまで少数派、

ディズニーランド側からすれば、「ここで利益を取るぞ!」

というところではないはずです。

なので、ディズニーランドは値下げをする必要がありません。

長時間の待ち時間を解消する必要もありません。

少数派である男性のニーズにこたえる必要はありませんから。(^-^;

こうして、ディズニーランドの経営はまわっていくのです。

素晴らしい経営ですね。

経営者は是非とも見習いたいところです。