スポンサーリンク

「稲森和夫の実学ー経営と会計」会計がわからんで経営ができるか

野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!

「会計がわからんで経営ができるか」

私の言葉ではありません。(^-^;

京セラ創業者・稲盛和夫氏の言葉です。

先週のブログにも書きました。

「稲森和夫の実学ー経営と会計」のまえがきにこう書いてあります。

「少し過激な表現ではあるが、『会計がわからんで経営ができるか』という思いで出版させていただいた。」

稲盛和夫氏は財務諸表の数字を

「飛行機の操縦席にあるコックピットのメーターの数値に匹敵するもの」

と例えています。

会計とは過去の数字を集約したものです。

過去を振り返らず、未来を見ていくんだ、という考え方もあるでしょう。

しかし、稲盛和夫氏は

「企業を長期的に発展させるためには、企業活動の実態が正確に把握されなければならない」

と言っています。

「実態の把握なくして、企業の成長はない」という考え方です。

事業を発展させるためには、経営状態をタイムリーに把握することが不可欠です。

毎月、資料をキチンとまとめ、試算表に落とし込み、その数字を読むこと。

これこそが、経営者が行うべきことだと思います。

稲盛和夫氏の詳しい考え方は、ぜひこの本を読んでいただきたいな、と思います。

大企業の経営者のお話なので、中小零細の経営者と違うところもありますが、

経営に対する「思い」の部分は学ぶべきことがてんこ盛りにあります。

会計は大事です。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする