スポンサーリンク

なぜ遺産分割は10ヶ月以内にまとめないといけないのか?

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のブログ」へようこそ!

飲みに行くかどうか?

自分の行動を自分で決められる、

自営業者っていいな、としみじみ思った今日この頃。

さて、こんなこと聞いたことありませんか?

「遺産の分割は10ヶ月以内に決めないといけない。」

実は、そんな法律はありません。

法律には直接そう書いてはありませんが、

そうしないといけなくなるような法律があります。

それが相続税法です。

相続税法の中に、相続税が少なくなる特例規定があります。

その特例規定を受けるための条件が、

「遺産分割が整っていること」

「ちゃんと申告をすること」

なんですね。

で、相続税の申告期限が10ヶ月以内ですから、

特例規定を受けるためには、

「遺産の分割は10ヶ月以内に決めないといけない。」

ということになるわけです。

その特例規定が2つあります。

1.配偶者の税額軽減

配偶者が相続した財産は、法定相続分か1億6千万円までは、相続税がかからない、

という規定です。

2.小規模宅地等の特例

ずっと住み続ける土地や、ずっと事業を続ける土地は、

相続税の評価金額を一定割合減額して計算していいですよ、

という規定です。

1については「配偶者が相続した」ということがハッキリしてないといけないですし、

2については「住み続ける人や事業を続ける人が相続した」ということが

ハッキリしていないといけないのです。

だから、遺産分割が条件になっているんですね。

10ヶ月は長くあるように感じますが、

当事者になった方々は「あっという間だった」とおっしゃいます。

10ヶ月はあっという間に来ます。

早め早めを心がけたいものです。

かわした税理士事務所のホームページはこちらから。
https://kawashita-tax.com

「かなざわ商売繁盛ビジネス塾」第3期生募集中です。

こんな時期だからこそ募集します。

https://www.apozira.com/marketing-seminar/ksb/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク