スポンサーリンク

「俺たちの仕事がなくなる。」と思った人の話。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

ネットフリックスはもともと郵送でのレンタルの会社でした。

しかし、時代の流れとともに、動画のオンデマンドを開発し、

今では世界に名だたる大企業です。

ネットフリックス社内で、動画のオンデマンドを開発し始めたとき、

同じ社内で郵送レンタルの仕事をしていた人はどう思っていたか?

おそらく、「俺たちの仕事がなくなる。」と思ったはずです。

動画のオンデマンドの開発部隊が一生懸命仕事をしている近くで、

同じ社内の別の仕事をしている人間が思うこと。

「あの開発がうまくいけば、俺たちの仕事がなくなる。」

「あんな開発、うまくいかなければいいのに。」

「そもそも、うまくいくのか?」

「俺たちが稼いだ金を垂れ流しで浪費してるだけじゃないか?」

「どんだけ開発費を使ってんだよ。」

「全然、結果出てないんじゃないの?」

「あんな開発やめろ、やめろ!」

ネットフリックスは大きな企業の話ですが、

身近なところでも、新しいものの開発に二の足を踏んでいることはないですか?

両利きの経営?「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

新品価格
¥2,376から
(2021/10/22 15:11時点)

両利きの経営 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く [ チャールズ・A・オライリー ]

価格:2,640円
(2021/10/22 15:12時点)
感想(2件)

もし、反対の声が上がる中で、開発を辞めてしまったら、

今のネットフリックスはなかったはずです。

まだ読んでいる途中ですが、面白いです。

税理士も斜陽産業と言われています。

税理士業界が斜陽だとしても、自分たちは何とかして生き残る必要があります。

人の振り見て我が振り直せ。

この週末にしっかり読もうと思います。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク