スポンサーリンク

中断することの怖さ

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

我が家は4人家族。

娘「私のから揚げがない!」

息子「僕は1個しか食べてないよ!」

妻「えー!ちゃんと4つあったよ!」

私「いや、5つあったよ。」

妻「で、お父さんはいくつ食べたん?」

私「3つ・・・」

よくあることですよね。

自営業をしてて、事業が中断することがまれにあります。

事情はそれぞれでしょうが、

サラリーマンとして短期間就職することになって、自営できなくなった。

設備の故障が発生して、営業できなくなった。

など。

その間、お客様はどうしているかというと、

当然、してほしいことが中断するわけではありません。

となると、他の事業者を探して、その人からモノを買ったり、サービスを受けたりします。

ピンチですよね。

いざ、営業を再開しても、そのお客様が戻ってくる保証はどこにもありません。

むしろ、もう戻ってこないと思っていた方がいいでしょう。

もし、中断しようかという状況になったら、

中断しなくてもいい方法は考える必要があると思います。

サラリーマンとして短期間就職することになったのであれば、

土曜・日曜だけでも営業を継続してお客様をつなぎとめる、とか。

設備の故障が発生したのなら、

メーカーから短期間代わりの設備を借りる、

または同業者の設備を借りる、など営業は止めないようにする、とか。

中断によりお客様を失うのは大きな損失です。

なんとしてでもつなぎとめた方がいいです。

また新しいお客様を増やしていくのは相当の体力が必要です。

そうならないよう、あらゆる手をつくしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク