スポンサーリンク

大丈夫か?事業再構築補助金。

野々市・金沢・白山市を中心に活動している「かわした税理士のエッセイ」へようこそ!

確定申告はようやく先が見えてきました。

3月15日は諦めて、4月15日に目標を変えたお客様が数名いらっしゃいます。

お客様自身がそう望まれるので、それにこたえるのもサービスの一環。

さあ、お待ちいただいていたお客様の仕事にとりかかろうと思います。

さて、事業再構築補助金のチラシを見ました。

裏面の「活用イメージ」ですが、なかなかの具体例ですね。

ガソリン販売が、フィットネスジムの運営へ事業再構築。

ほお。

和菓子製造販売が、化粧品製造販売へ事業再構築。

ほお。

お茶の間の皆様はマネしないでください、

と思ったのは私だけでしょうか?(^-^;

どちらも、従来のノウハウが通用しない、全くの異業種へのチャレンジですよね。

これはハードルがメチャクチャ高いです。

事業再構築はいろんな裏付けがあって初めてできるものです。

このチラシだけの思いつきで、やっちゃいけないことだと思いました。

ここでいう「ノウハウ」ですが、経営をやる上での「ノウハウ」のことです。

フィットネスジムの施設を作れるとか、

化粧品の原材料を調達できるとか、

それだけじゃあないんですね。

お客様になってくれる人はどんな人なのか?

その人にはどうすればアプローチできるのか?

施設の維持費にはどれぐらいコストがかかるのか?

商品の販売価格をいくらに設定すればいいのか?

お客様が何人いればお金が回っていくのか?

それらを含めて全てで「ノウハウ」です。

一番よく分かりやすい起業は、料理人が自分のお店を開く、というものですが、

料理人が経営者になってぶつかる壁がこの「ノウハウ」です。

おいしい料理を作れるという自信を持って、いざ開店してみると、

お客様が思ったほど来なかったり、資金繰りが苦しくなったり、

おいしい料理が作れるだけでは、経営は成り立たないことに気がつくのです。

そうなんです。

これらの「ノウハウ」なくして、事業再構築は成り立たないのです。

事業再構築補助金の裏面だけを見て、すぐ飛びつくのは危険ですね。

色んな調査をして、色んな勉強をした上で取り組まなくてはいけない事案です。

補助率は3分の2、つまり3分の1は自己負担です。

3分の1、けっこう大きいです。

しっかりとした計画・ビジョンを持って、取り組む必要があるな、と感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク